東京大学SICTシンボシウム「ビッグデータを活用した社会基盤の変革と実践」の感想文

前回東京大学でビッグデータを活用したの説明会行ったです。この説明会でいちばんで印象を残るのは小学館のマンガワンという例です。
マンガワンとは小学館の漫画アプリです。過去の小学館の名作や裏サンデーの作品が読めたり、早くからウェブマンガに力を入れてきた小学館の強みを存分に活かしたアプリです。
このアプリを作るのは大量のデータを必要だ。毎日を新作品を更新しなければならないです。しかもこの小学館の提供する漫画アプリ(iOS,android双向に対応)です。
マンガワンの仕組みは,無料ライフは毎日朝と夜の9時ぐらいで回復するので,1日に最大8話読むことができます。このアプリ例で説明するのは,ウェブで何かを作りたい時はビッグデータを活用しないとやはりむずかしいです。

Advertisements